経費削減は会社やお店の利益を出す上で非常に大事なポイントです。しかし、何を削減したらよいかは非常に悩むところです。まずは大きく経費削減をするのではなく、徐々にできるところから経費削減を始めていきましょう。最初に始めるところとすれば意外と出費が多く、細々した物が多い事務用品や消耗品です。大小関わらず、この事務用品や消耗品を削減する方法として、最初に挙げられるのが備品管理表を作成して、事務用品などをいつ、何に使っているのかという点や、いつ、いくらで、何個購入しているのかという点を把握することです。備品を管理することで無駄な物が減っていきますし、管理表を作成することで誰が多く使用しているのかが把握できますので、本当に必要なのかという点が一目で分かります。

会社やお店によって、備品を管理する人、いわゆる総務という立場の人がいないところもあるかもしれませんが、そういった役割をしっかりと明確にすることで少しずつ経費削減をしていくのが一番大切です。

また、備品管理表を継続して、年間に使用する予定の数が大体把握できますので、そういった場合は、年間で一気に備品を購入した方が1個当たりのコストが大幅に削減でき、年間を通して考えるとかなり大きな金額の経費削減につながりますので、一括購入でコストダウンを考えていきましょう。